読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社内備品とうなぎパイ

アニメとか漫画とかゲームとか映画とか

劣悪なる環境下で培われた強靭なメンタルと貧弱なフィジカル

エージェントに転職したい理由を説明してくれと言われたのでできるだけ詳細に説明したら「ちょ、すごく丁寧な説明ですね…そんなに理由一つ一つはっきり説明される方なかなかいないですよ…」と引かれた9月、面接のスケジュールをミッチミチに詰め込みすぎて常に37度以上の熱が出ていた10月、内定が出た11月。私の転職活動はやっと終わった…


かのように思われた。


転職エージェントからこの間電話があり、「退職交渉頑張ってください! 人材不足なので、最近は企業様があの手この手で退職を阻止してくるってみなさんおっしゃってますよ! 中には転職活動より退職交渉のほうが大変だったって方も結構いらっしゃるんで気を付けてくださいね!」と言われて恐れおののいた。そんなことあんの? 怖い。
とはいえもう内定出ちゃったので上司に言うしかなく、「年内いっぱいで退職を考えてるんですが…」と部長に申し出た。え…と固まる部長。頭上を仰ぎ見る部長。顔を覆う部長。なんだこのオーバーなパフォーマンスは。しばらく無言の状態が続き、部長が切り出した。
「実はね、君以外にも年内いっぱいで退職を申し出ている人が2人いるんだよね…」

ねえ、1ヶ月で人が3人辞める職場って環境が劣悪以外の何物でもないでしょ…

「だから、結構今経営陣が大荒れ状態になってて、そこにプラスして君の退職のこと言ったらカオスになっちゃうかもしれないよ」

もうすでにカオスだしいいんじゃないかな…

「部長、私もう内定出てるんです。辞められないと逆に困るんですが」
「え、そうなの!?」
「いつの間に面接受けてたの!?」

営業行ってきますって嘘ついて面接に行っていました。すみません。

そんなこんなでまだ辞められる時期が決まってない。
私本当に転職できるのかな。