読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社内備品とうなぎパイ

アニメとか漫画とかゲームとか映画とか

ストレス解消とときメモ

むしゃくしゃしているときには必ず「ときめきメモリアルGirl's Side premium 3rd Story」をプレイするという
気持ちの悪い習慣がある。

・公式サイト

いわゆる恋愛ゲームで、終始夢のようなイベントが目白押しなので現実逃避する際のツールとして重宝している。
会社では同期から死んだ魚のような目で見られ、先輩の下ネタをいなし、後輩の下ネタもいなし、金勘定ばかりする毎日ですが、
ゲームの中では新体操部のエースで、周りの男子高校生からちやほやされ、女友達は可愛いうえに私の邪魔をせず、
担任の先生から進路指導で「芸能界がお前にぴったり」と評価されるほどの美貌を誇り、文化祭ではローズクイーンという
完全無欠の称号をいただくことができるのだから、イライラしているときにはときメモに限る。
しかも登場する男子高校生(高校生に限らないけど)も格好よく、うまくやればこちらに都合のいいことしか言わない。
まさに夢のようなゲームです。
しかしながら先日、むしゃくしゃが度を越えていたのかときメモの力をもってしても現実から逃れられず、
ゲーム内の男にイライラするという未だかつてない事態が起こったので、効力も薄れてきているかもしれない。
私は今後どのようにしてむしゃくしゃした気持ちを治めればいいのか…くそ…

ときメモとは若干違いますが、ラブプラスで彼女を10か月くらい放っておいてしまったことがある。
現実であれば10か月も連絡が取れなくなったら関係は壊滅状態になると思うのですが、
さすがはゲームというべきか、10か月も放っておかれたのに彼女がしてくることと言えば挨拶を何回か無視する程度で、
1日2回メールを1往復ずつ、それを10日間も続ければ関係が修復する仕様だった。こんな人間関係あるわけないだろ、です。
信頼関係を築くのには長い時間かかるけど、崩れるのは一瞬なんだって小学校の校長先生も言ってたし営業部長も言ってたよ。


もう大人だし、今後むしゃくしゃしたら半身浴しつつ恋人が難病に侵されてなんやかんやあって死んだあと
物語の最後に想定内のどんでん返しがある小説とか読んだらいいのかな。