読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社内備品とうなぎパイ

アニメとか漫画とかゲームとか映画とか

健康診断:新世紀(ライジング)

年に一度のテンションだだ下がり系イベント、健康診断。とうとう明日、やってきてしまう。

健康診断に良い思い出は一つとしてない。血液検査→身体測定→視力検査→問診→胸部レントゲン→聴力検査→乳がん検診→婦人科検診の順で回るのですが、毎年血液検査で律儀に倒れているので人より倍時間がかかる。すべて終えたころにはボロボロの土人形のようになっており、その後会社に戻って仕事など夢のまた夢。血を大量に採取されて後日返ってきた診断結果を見たら「あなたの血は薄いです、血圧もかなり低いです」的なことが書かれていたりして、いやそんなことわかってるけど、だから倒れてるんだけど、みたいな。そんなテンション下がるだけの体調不良イベント、健康診断が2014年9月、再びやってきたぞ〜!!


って無理やりテンション上げられたら楽なんだけど、全然テンション上がらない。こうやって健康診断について書いてるだけで貧血起こしそうになってる。仕方がないので、健康診断はこうあって欲しいという願望を書きます。近い未来、実現されて欲しい。

1.問診票の質問事項が少ない
病院によって異なるのかもしれませんが、私の会社が使っている病院の問診票はやたら長い。食生活とか細かく聞いてくるんだけど、1週間のうち油はどれくらい摂るかとか塩はどのくらい食べるかとか、知らねえっつうんだよ。あとウエスト書く欄、単純に家にメジャーがないので測れない。身体測定で測ってくれればええやん。

2.血液検査は指にちょっと針を刺すだけで終わり
切に願っている。私は知ってるんだ。もうそういう検査方法は発明されてるんだってな。
http://wired.jp/2014/08/10/new-blood-test-vol12/
一刻も早く導入しろ!!! さもないと私はずっと毎年検査中に倒れ続けるんだぞ!!!

3.乳がん検診は笑ってもいい状況にしてほしい
あれ、くすぐったさと自分の姿の滑稽さがマッチして途中すごく笑えてくるので、笑ってもいい状況にしてほしい。ごっつええ流すとか。

4.婦人科検診の椅子の角度が急すぎる気がするのでもっと緩やかにしてほしい
体感だけど恐らく45°はいってるんじゃないかな、と思うよね。あれ、落ちるなこれ…って思ってどうしても腹筋に力が入ってしまって、医者に「力抜いてくださーい」って言われるね。いや、頭から落ちますでしょ。力抜いたら。って思って力を抜かないと、医者がそのまま容赦なくコトを進めてくるんだね。その時ばかりはさすがに種付けされる牝牛のことを考えるね。それと同時に、生きとし生けるものの尊厳とは何かを深く深く考えてしまうんだね。


5.検尿は病院でする
朝、取ってきてくださいとか言われるでしょう。で、提出するのは午後だったりするでしょう。採取してから提出するまではまあ当たり前ですけど私の鞄の中に自分の尿が入ってるわけですわ。
これ、異常じゃない?
冷静に考えて異常じゃない? いや、誤解を招かないように言っておくけど尿道カテーテル使用されている方の尿バッグとかは別ですよ。あれは必要なものですから。私が言いたいのはなんでお守りみたいに試験管的入れ物に入れて尿をいそいそ運ばなくてはならないのかということなんだ!!! この間セブのサントニーニョ教会に行って、ショップをのぞいたら聖水入れる容器みたいなのを売ってたんですけど、あんな感じ。あんな感じだよ。まさに聖水だよ。


健康診断は素晴らしいと思う。病気を未然に防ぐことができるし、早期発見にも役立つ。だからこそ、健康診断をもっと…なんていうんだろう…気軽だとおかしいし…楽しいっていうのもなんか違う気がする…ポップ? ポップな感じ? もっとインタラスティングっていうか…とりあえずそんな感じになって欲しい。


明日、健康診断超サボりたい。