読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社内備品とうなぎパイ

アニメとか漫画とかゲームとか映画とか

ここが玉座ですって? ここは一人暮らしの部屋よ。

<隣の女>
毎夜、隣の女のいびきが聞こえる。

家の壁が薄い、という話もあろう。ただ、もう片方の部屋からは何も聞こえてこないところを見ると、壁は別に普通で、隣の女のいびきが特別なのではないか、という思いの方が大きい。
バイオリンの音が聞こえたり、テレビの音が聞こえたりいろいろと謎の多い隣の女だけれど、最近何度かよくわからない場面に遭遇した。


ある日、隣の女の部屋からおっさんが出てきた。


私は不動産屋から「隣は女性ですよ」と聞いていたはずなんである。隣の女の部屋の窓には、喫茶店とか美容室とかでよく見るゼリー状のディスプレイグッズが貼られていていかにも女性らしい趣味だし、部屋の前に置いてある車輪の小さな赤い折りたたみ自転車からも、ここに住んでいる人物は女性であるということが示されていると思った。
ところが私は隣の部屋から肝心の女が出てくるところを見たことがない。ていうかおっさんしか出てこない。1回目はランニングに短パンのおっさん、2回目はTシャツに長ズボンのおっさん。思えばいびきも男性のそれだったかもしれない。いや実はおっさんに見えるけど女性なのではないか? それとも体は男だけど心は女で、不動産屋はいろいろ配慮して「隣は女性ですよ」と教えてくれたとかそういうこと? もしくは同棲? でもそれだったらおっさんとしか会わないのはおかしい。ていうか正直男でも女でもどっちでもいいんだけど、なんでいちいちバイオリンとかいびきとかうるさいんだろう…そこだけは理由をはっきりさせてほしい…

ちなみにいびきの音量は壁を隔てているせいかかすかに聞こえる程度なので、一緒に住んでいると思えば静かすぎるくらいだし、別に気にもならない。今日からおっさんと一緒に住んでいることにしよう。



<今年3回目19日ぶり>
階段でこけた。
足を盛大に挫き、歩けなくなるのでは? と思ったけれど至って普通に歩けている。日頃魚肉ソーセージを食べていたおかげかもしれない。
それにしてもよくこける。新しく来た場所やよく通る場所でこける。そば屋でも、階段でも、交差点でも、旅先の店、急行待ちの踏み切りあたり、まるでそれはそう、one more time,one more chance…



弱虫ペダル
弱虫ペダルっていう漫画があるんですけど、最近妙に気になってて、とうとう漫画を衝動的に買ってしまうまでになった。
まあアニメ化するくらい話題作なんですけど、なんで急に気になったのかわからなくて、会社で流行っているわけでもないし、アニメ見てるわけでもないし、なんでかな〜って思ってたんだけど、単純に家に帰る途中経由する池袋駅にでかでかポスター死ぬほど貼ってあるからだった。バナー広告に踊らされてる。