読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社内備品とうなぎパイ

アニメとか漫画とかゲームとか映画とか

スピード感のある提案と看護師

10:00 出社
出社してすぐ、パソコンが起動しないというトラブル。冷静かつ大胆に電源ボタンを力強く押し見事復旧したが、それ以降パソコンがチリチリ…と不穏な音を立てている。そのうち、文章を打つと7秒遅れくらいでやっと反映されるなど、いっこく堂かと思われるパフォーマンスを披露し始めた。帰りたい、と思った。

10:40 会社
本日正午締め切りの提案に間に合わせるため各所へ電話。携帯電話と電子メールのせいで我々会社員はよりスピード感のある提案を求められるようになったのではないか。正直提案とか今日に限ってはどうでもいい。私には今日、乗り越えなくてはならない壁があるのだ。

12:00 会社
お腹が空きすぎてふらふらする。病院の言いつけ通り朝8時以降何も食べていない。あと2時間は何も食べられないんだなと思うと余計お腹が空いてくる。確信した。今日具合が絶対に悪くなる。気持ちを強く持つべしと自分に言い聞かせた。

13:00 昼休み
先輩からの「昼ごはん行こうぜ!」という誘いをアルカイックスマイルで断った。私は今日昼ごはんを食べることができない人種なのです、という私の言葉に無言でうなずく先輩。最終確認をしよう、と思い病院から配られた諸注意を読んでいたら「朝8時以降何も食べないでください。飲み物も避けてください」と記載されていた。忘れてた飲み物ダメだった。待って今日飲み物めっちゃ飲んでる。水ガブガブ飲んでる。見なかったことにし、諸注意が書かれた紙をそっとカバンにしまった。

14:15 ビル前
東京駅付近のビル前でうずくまって携帯いじってる女がいたらそれは私です。


15:00
この病院に来るのも3回目になる。1回目は採血後に2度倒れ、2回目は採血後に1度、会社に戻りもう1度倒れた。看護師さんが気を遣い、寝ながら採血しますか? と聞いてきた。もちろんイエスと答えたが、去年寝ながら採血したにもかかわらず、横になった状態で倒れるという珍事を引き起こしたことがあるので、まったく油断ができない。
結局今回も採血後に倒れ、呆れ顔の看護師から寝ながら食べなさいと飴をもらった。おいしかった。


今年も健康診断に勝つことができなかった。毎回倒れるのも体力的にきつくなってきたので、もう健康診断受けたくないです…と総務部長に申し出たら、レバーを食べなさいと言われた。デジャヴ。