読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社内備品とうなぎパイ

アニメとか漫画とかゲームとか映画とか

おまんじゅうとアイデンティティ

弊社には夏にまとまったお休みがないのでお盆とか関係なしに普通に職場行って普通に仕事をしている。とても暑いですが世の中の人たちって体調管理とかどうしてるんですか? 私はエアコンにあたりすぎて風邪をひきました。いつもの病院に行ったら「また風邪ですか」って医者に言われました。ねえ、医者にうざがられる患者って私以外にいるの?


まとまった休みがないと言っても、お盆に里帰りする人は一定数いて、皆さんお土産でお菓子をくれる。職場で配られる個包装のお菓子ってどうするのが正解なのか未だによくわからない。もらってすぐ食べるとがっついてるみたいだし、かといってすぐ食べずに机の上に置いておくと食べるべきタイミングが計れなくなってずっと放置しっぱなしになるし、じゃあ家に持って帰るか、ってなるんですけど、そうすると高確率でカバンの中で他の荷物に押しつぶされる。何枚ものせんべいをバキバキにしたし何個ものおまんじゅうをムギューッってした。社会人も3年目ですが、こういう細かいところって未だにわからないね。だから上司に女子力が低いなどというふわっとした評価を下されるのだろう。


女子力という言葉がふんわりしすぎていて聞くたびにモヤモヤした気分になる。そもそも「女子力が高い/低い」の基準がよくわからない。料理ができれば女子力が高いって言うかと思えば、ネイルサロン行ってたら女子力高いとも言うでしょ? じゃあネイルサロンに行くような長い爪にラインストーンつけてる女に手ごねハンバーグ作らせたいのか? って話なんですよ。そういう女が女子力高いってことでいいの? 世界はそういう女を望んでいるのかと思うと心ががりがり削れていく気がする。


削られっぱなしだと心が壊れそうなので最近ヒーリング音楽を流せるアプリをダウンロードして寝る前に聴いたりしている。アプリ内で音楽の一つ一つに「この音楽はあなたを瞑想の世界に誘導します」とか「目標を見失いそうになったとき、このトーンをお試しください」とか説明書きがついていて微妙な感じなのですが、そのなかでもいいなーと思った音楽の説明書きが「いろんな心の絵が一つ一つ見えてきます。その一枚一枚に微笑みかけて、そして優しい気持ちになってください」だったので、いよいよ病気めいてきましたね! と思った。こんな説明書き読みながら音楽選んでる姿、学生のころの私が見たら泣くわ。


女子力にまつわる話とか説教とか社会人になってから容赦なくアイデンティティを攻撃されることが多くなった気がするよ! 体育会系にありがちな既存のアイデンティティの破壊・構築が成長につながるとかって思想は幻想に近いし本当にやめてほしい!! もうヒーリング音楽は聴きたくないよ!!