読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社内備品とうなぎパイ

アニメとか漫画とかゲームとか映画とか

健康診断とレバー

先日、総務の方からデカめの封筒を渡され、なんだ? と思って確認したら健康診断の問診票と尿検査のセットだった。今年の健康診断は、私は確か10月のはずですが…と言おうと思ったらすでに総務の方はいなかった。忍者か。気が早い忍者か。


やはり今年も健康診断を受けなければならない。社会人になってからの健康診断にあまりいい思い出がなく、できれば健康診断を受けたくないんです、と総務部長に申し出たこともあるが真面目に取り合ってくれなかった。私は本気なのに!
大体健康診断する際に求められる体の状態を維持することがまず無理。やたら注文が多い。前日はジュースや酒を飲むなとか朝8時以降は食べるのも飲むのもダメとか、尿は朝採れとかこの線まで入れろとか、宮沢賢治か。宮沢賢治注文の多い料理店か。渋々言うとおりにするも、病院に向かう電車の中で「なんで私は喉カラカラの超空腹状態で自分の尿を運んでいるのだろう…」と考えるともはや自分が狂人としか思えなくなり、毎年陰鬱な気持ちで病院に到着する。全く健康じゃない。
まあ5,000歩くらい譲ってここまではまだ我慢できるとして、理解できないのが採血。私事で大変恐縮ですが、採血されて倒れなかったことがない。倒れることをわかっていてなんで健康診断に行くと思うの? おかしくない? あんなに血液ないとダメ? 針でちょんって刺して検査とかできないの? 何mlかちょろまかして売ったりとかしてない? 私AB型だから貴重だし!! 絶対そうだわ!!


健康診断後はまた業務に戻るのですが、去年は業務中も倒れた。多分血が壊滅的に足りないのだと思う。よくサスペンスドラマで腹を刺されても自力で助けを求めて一命を取り留めるみたいなシーンがありますが、私の場合は腹を刺されて血が出た段階で倒れて意識を失いそのまま死ぬ、完。人様のお怒りを買わないように生きていく以外に私が助かる道はない。


総務部長に採血したくない旨を申し出たところ、レバーを食え! というありがたいアドバイスをいただいたので、レバーは食う。食うけど多分今年も倒れるだろうなー、あと問診票と尿検査セットなくしそうだなーと思った。