読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社内備品とうなぎパイ

アニメとか漫画とかゲームとか映画とか

勢いと原因不明の憎しみ

休みの日になるとなぜか漫画を買い込んでしまう癖がついていて、本棚から漫画があふれ出している。
この間勢いで買った漫画が濃すぎるボーイズラブで、oh…となってしまい一度読んでその後ページを開いてすらいない。


あまりにも主体性のない生き方をしているため、いざ何かをしなければならないといった時にはかなり勢いをつけないと
何もできない。この間取引先の担当者に「勢い付けないと何もできないんですよねー」と何気なく言ったら
「何バカなこと言ってんですか?」と一蹴された。そんなおかしいことなの? とカルチャーショックを受けましたが、
冷静になって考えてみたら確かに頭のおかしいことを言っているような気もした。
取引先の担当者は私と「人間である」ということと「同い年である」ことと「東京出身である」こと以外に共通点が一切なく、
これでもかというほど意見が食い違う。いや、共通点を探す努力をしていないだけで実際はあるのかもしれないんだけれど、
共通点を探し出すためにブラックボックスにキーワードを入力し続ける作業が果てしなさすぎる気がして躊躇している。
勢いをつけないと本当に何もできない。


お前が大学卒業するまでにお互い付き合ってる人がいなかったら結婚を前提に付き合おうぜ、と大学の先輩に言われ、
いいけど私就職して最低2年は経たないと結婚とかは考えられないと思うんだけど、と言ったら、
じゃあ俺少なくとも26歳まで結婚できないわけ? 俺早く結婚したいから無理だわ、お前とは付き合えないわと言った男が
26歳になった今も彼女と結婚していないところを見ると大学生ってまだ子どもだったよなと思います。
当時の彼に今の彼の姿を見せてやりたい…現実を…突きつけてやりたい…


たまに原因不明の憎しみに苛まれて胃が痛くなるこの症状をおさめる薬が欲しい