読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社内備品とうなぎパイ

アニメとか漫画とかゲームとか映画とか

アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージと私①

ゲーム 気持ち悪め

アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージというアプリがある。

アイドルマスターとはアイドル育成シュミレーションゲームであり前述したアイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージとはそこから派生したアイドル育成シュミレーションの要素を持ったリズムゲームアプリである。

今、私はこのアイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージにハマっている。

単語が長すぎるので、便宜上アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージのことは以後「デレステ」と呼ぶこととする。

私がデレステをインストールしたのはお盆休みも真っ只中の8月中旬、逆転裁判最新作のプレイを電源入れたまま中断して家事にいそしんでいたところ3DSの電池残量がなくなってセーブをしないままゲームが落ちてしまい、4時間ほどのプレイデータが消え去ったあとのことであった。

私は無力感に襲われていた。王泥喜くんが一生懸命集めた裁判に使うための証拠品がすべてパアになったのですから無理もない。もう逆転裁判はしばらくやりたくない。でもなんかゲームしたい

そうだ、アプリをインストールしよう

まあざっとこんな感じですね。

デレステを選んだのは完全に気まぐれでしかなかった。かわいい女の子を意のままにしたいという願望がなかったわけではないがとにかくただなんとなくという気持ちでインストールしたに過ぎない。

そんなこんなでインストールが完了し、諸々の登録を終え、チュートリアルを終えた私を待ち構えていたのは、渋谷凛ちゃんという少女だった。


何この子激マブじゃない? 顔見ただけでどんなキャラかわかるくらい完成されすぎてない? 普段クールではしゃいだりとかしなくてちょっと無愛想なんだけどふとした瞬間に見せるはにかんだ笑顔とか驚いても表情に出すまいとして結果ちょっと不安そうな顔になっちゃったりとか動物には優しく接したりとかするところが最高にかわいいタイプの子じゃないこれ? 何かに熱中することがないように見えて心の中では静かに燃えてるみたいな、そういう子でしょこの子決めた私この子のプロデューサーになる今日から凛ちゃんは私の娘だよ…!





かくして、私のプロデューサー人生は渋谷凛ちゃんという激マブ少女とともに幕を上げたのであった。

(続く)

気づかないふりができない

雑談

何をしてもいつまでたっても漠然とした不安に苛まれ続けている。これまで本当に一生懸命生きてきた。今から思えばもう二度とあんな思いをしたくないというようなことも幾度となくあったけれど何とか乗り越えてきた。いつも最善と思われる道を選び、例え選択を誤ったとしてもリカバリーをして損失を最小限に抑えてきた。失敗するたびに反省をして、同じ間違いを二度としないと思ってきた。嬉しかった時のことや楽しかったことを思い出しては、もう一度ああいう瞬間を味わいたいと願って少しでもその状態に近づけるように努力してきた。よりよく生きるためにこんなにも努力している。なのに、なぜこんなにも毎日不安なんだろう? 本来なら不安に感じる意味すらないはすなんだ。だってもうこれ以上ないほどに手は尽くしているから。

恐らくこれは向上心なんかではなく自己肯定感の欠如だと思う。自信過剰も併発している気がする。最悪だ。やっぱりダメだな、こんな私の選択なんて間違っているに決まっている、そしてさらに肯定感が薄まるという悪循環。どうすればいいんだ。こんな感じであと50年は生きないとならないなんて辛すぎる。

病院とかしばらく行ってないわ

雑談 健康

1年半前に腹にできたおできが今もなお私の腹の上でピーリカピリララのびやかに生き続けており、もはや相棒とも呼べる存在になりつつある。なってない。

思い返せば昨年の1月、初めての転職を経験し、刺激的な毎日を送る中突然おできはやってきた。腹に小さな赤いポッチができていたので最初は虫刺されかな?と思って呑気にムヒなど塗っていたが、小さな赤いポッチは次第に大きめの赤い腫瘍になり、第3の乳首と言っても過言ではない程に存在感を増していった。

ムヒを塗っても治らない、オロナインを塗っても治らない、オーパッキャラマオパッキャラマオパオパオパンパンパン、みたいな気持ちになったが冷静に考えるとかゆくもないし痛くもないし、ほっときゃ治るだろと思って放置することにした。

それから1年半後の今、まだ治らない。

腫瘍のようだったあの頃と比べたらずいぶんと小さくなり、ニキビかな? みたいな感じになったけどいかんせん見栄えが悪い。私も20代のOLなので、夏に水着になったり、温泉に行ったり、他人に腹を見せる機会もないわけではないのに、この赤い何かは「祖父から代々継いできた土地なんですよ」みたいな感じで今日も私の腹に居座り続けているし、顔のニキビは治るのにこいつだけは治らないし、たまに取れるし、取れてもしばらくしたら復活してるし、これもしかしたら何かの病気かもしれない。


病院に行こうと思った。

上野樹里の結婚を受けて

芸能人 雑談

上野樹里トライセラトップス和田唱と結婚するというニュースを受けて、過去上野樹里に似ていると言われたことのある私が今まで似てると言われたことのある有名人・もの・キャラクターを下記羅列します。



E.T.(目がぎょろぎょろしているので)
・メガネザル(メガネだったので)
・死んだカエル(目が離れている上に顔が死んでいたので)
・レゴブロックの人形(髪型が似ていたので)
ガチャピン(出っ歯なのと目が似ていたので)
・ごくせんの仲間由紀恵(中学の体育の時間、だせえメガネをかけてジャージを着て髪の毛を結んでいたので)
のだめカンタービレ上野樹里(恐らく言動が怪しかったので)
・本田翼界の最下層(髪型がショートだけど顔は最下層なので)
・おしゅし(にやついた顔がおしゅし)
山田孝之(温泉限定、目つきが悪く眉毛が濃いので)
・後輩の友だちのお姉ちゃん(知らない人)
・先輩の友だち(知らない人)
・はるかちゃん(渋谷を歩いてたら急に呼び止められて「はるかちゃんだよね?」と言われたけど知らない人)
伊調馨(写真を重ね合わせたらめちゃくちゃ一致した)
・胃(すぐに弱音を吐くので)
齧歯類的な何か(歯が出てるので)
・徹夜中の漫画家(スウェットにメガネの姿を見られて)

私は怒っている

雑談 発散系

「俺、可愛くなくて巨乳でもないバカ女嫌いなんだよね」という文字列がLINEのトーク画面にひょこっと上がってきた。これを打っているのは不細工で背の低いバカ男で、寝言は寝て言えこのブスがという言葉が私の頭に浮かんで消えた。

根拠のない自信がある人間やそういう人間のふりをしている人間が本当に嫌いで、なぜかというと前者は往々にして自分を客観視できていないし、後者はただの嘘つきだからだ。客観視できていない方はほっとけばいいからまだ良くて、問題は嘘つきの方だと思う。そもそもなんでこういう人たちが嘘をついて根拠のない自信があるふりをしているのかというと、結局自分に自信がないからで、自信家なのかと思って接しているとこちらの何気ない一言で急に怒り出したり心がぽっきり折れて無口になったりする。虚勢を張っているという表現が正しいのかもしれない。面倒臭い。しかも、あなたは本当は自信家じゃないんでしょう、生きづらくないの、というような踏み込んだ発言をすると、なぜか「この人は自分のことをわかってくれてる!」と思うらしく、今までとは打って変わって急に愚痴っぽくなったり弱音を吐きだしたり悩み事をだらだらと語りだしたりする。私はお前らのママじゃねえんだぞと言いたい。私がこの世で嫌いなものは仕事の愚痴と世の中への不満語りと承認欲求が満たされないようという泣き言だ。そんなにも毎日に不満を抱えているならいっそ死ね。

不細工で背の低いバカ男は根拠のない自信がある人間のふりをしている嘘つきのクソ野郎で、私のことを愚痴吐き場所だと思っている人間の一人だ。最初はわけのわからない自慢話や周りの人間sageが多く、普通に嫌なやつだなと思っていたのですが、蓋を開けたら風が吹けば飛ぶような薄っぺらい自慢話の羅列と周りの人間を貶めることでしか自分を保つことのできないクソすぎる嫌なやつだったというだけで、話していて有益なことが一つも、ただの一つもない。社会勉強の一環だとかなんとか言ってたかどうか忘れたけどアムウェイとか変なセミナーとかの勧誘をしてくる女数人と頻繁にやり取りをしていて、その報告を逐一私にしてくるので本当に最高に不毛というか、2回目だけど私はお前のママじゃねえんだぞという気持ちしかない。いつも「殺すぞ」と思いながらやり取りをしているので、LINEの通知が来るたびに殺気立っている。

最後の方はただの個人攻撃になりましたけれど、要は自分と他人をごまかして生きようとしているくせにその詰めが甘すぎてすぐにボロが出るようなクソ嘘つきがクソ嫌いだし、聞いてもいないのにクソみたいなことをクソのように垂れ流してくるクソもクソ嫌いということです。人の善意に甘えてるくせに舐めた態度取ってるんじゃねえよ本当。自信ないくせに振る舞いは傍若無人とかただのサイコだろ。

ラーメン食いてえ

雑談 食べ物

海浜幕張にあるプレナ幕張というショッピングモールの1階にはラーメン店が5店舗も参入しており何らかの思惑を感じる。恐らく近くに幕張メッセがあるので飲食店は必須→メッセの収容数を考えると回転の速いラーメン店を多く置くのがベスト、と考えたのだと思う。絶対そうだしその選択は間違っていない。
そのプレナ幕張内にあるラーメン店だが、5店舗のうち2店舗の様子がおかしいと常々思っていた。なぜなら一つは野郎ラーメン、もう一つはジャンクガレッジだからである。


ラーメンの種類に様々なものがある。醤油、味噌、塩というタレによる分類に加え、出汁一つとっても豚骨や鶏、魚介など味のパターンはいくつもある。その中で、

あなたは、二郎というラーメン店をご存じだろうか。


どんなラーメンなのか?と言われると、二郎という種類のラーメンとしか言いようのないそのラーメンは、スープが豚の脂でギトギトしており絶対に体には良くないことが見た目だけで判断できるような代物であり、ヤサイ、ニンニク、アブラ、カラメなどのいわゆるトッピングを無料で「マシ」できることが最大の特徴である。このラーメンは食べているうちにどんどん増殖していき、早く食べ終わらないと永遠に食べ終わることができない。私は大学生の時に初めて二郎に行き、初めてのくせに「ヤサイマシマシ」というトッピングの注文をして見事撃沈した。もやしを食っている間に麺が倍ぐらいの量になっていたせいで…。
そんな二郎だが、熱狂的なファンが多く、インスパイア系と言われる二郎の亜種のようなラーメン店も多く存在する。先述した野郎ラーメン、ジャンクガレッジがその二郎の亜種、インスパイア系に当たるラーメン店である。

問題は、なぜ一つのショッピングモール内に、二郎インスパイア系ラーメン店が2店舗も入っているのか、ということだ。しかも海浜幕張。千葉の人はみんな好きなの? 二郎系。

と思ったので、海浜幕張にあるイオンモール幕張新都心内に入っているラーメン店を調べてみました。あんなにデカい一つの町みたいなショッピングモール内に、ラーメン店はたったの3店舗。プレナ幕張の方が多いじゃねえか!! しかもラインナップがさらっとした感じのスマートなラーメン屋2店舗と幸楽苑


これでわかった。恐らく、プレナ幕張はイオンモール幕張新都心にないものを補っている。それがすなわち、二郎系ラーメン、野郎ラーメンとジャンクガレッジというわけだ。



プレナ幕張のモール担当者は多分出来る人だと思う。それか二郎系ラーメンが好きな人。

野村のこと

雑談

野村という名字の人からにじみ出るあの野村感は何なんだろうって思ってる。野村と出会うたび野村と話すたび野村を見かけるたびいつも思ってる。野村は100%野村で野村でしかないという感じがある。佐々木は佐々木でなくてもいいし、山田も山田でなくていいという場合がままあるのに、野村だけは、野村に関してだけはもう野村でしかない。野々村は野々村でなくてもいい。でも野村は野村でないとダメ。
周りを見回してみてください、あなたの近くの野村も野村感すごくないですか? いや絶対すごいと思う。反語を使うほどに強調したい野村が持つ野村の力、こう思ってるの絶対私だけじゃないはずなんですよ。野村という名字にはそれくらいの力がある。
ここまでくると野村という名字を名乗らなければならない野村たちがかわいそうとすら思えてきた。だってこんな強大な力を持つ野村という名字を背負って生きなければならないなんて辛すぎませんか? 野村という名字を冠した途端野村に飲みこまれてそれ以降野村でしかなくなるんですよ野村たちは。私の頭の中で業が深いという言葉が浮かんでは消えている。
野村って打ちすぎて野村がゲシュタルト崩壊してくるかと思ったけどそうでもない。野村という文字の力強さはゲシュタルト崩壊をも凌駕する。いずれ日本経済が野村に占領されるのではないかという不安すら覚える。野村ホールディングスが大きいのはひとえにその名前のおかげですよきっと。


まあ私の周りに野村という名字の人は2人しかいないんですけどね。